中世の宝石箱、ドイツ・ローテンブルクのおすすめ土産8選

「中世の宝石箱」「ロマンティック街道のハイライト」と称される、ドイツのローテンブルク。

まるでおとぎの国のようなこの町には、メルヘンチックな雰囲気をさらに盛り上げる可愛らしいお店が揃っています。

ここでしか手に入らない、ローテンブルクならではのお土産も多数。ドイツ土産にぴったりな、ローテンブルクのおすすめ土産8選をご紹介します。

ケーテ・ヴォールファールト「クリスマスビレッジ」

世界で初めて年間を通してクリスマス用品を販売した店として知られる、「ケーテ・ヴォールファールト (Käthe Wohlfahrt)」

ハイデルベルクやニュルンベルクなど、ドイツ国内外に店舗をもち、日本でも有名なクリスマスショップですが、本店はここローテンブルクの「クリスマスビレッジ(Weihnachtsdorf)」なんです。

ここはもはや単なるショップの枠を超えて、ローテンブルク屈指の人気観光スポット。お店の前に停まっている、プレゼントを積んだ赤いトラックは格好の写真撮影ポイントです。

特別に許可を得て撮影しています

店内はさらに想像を超えた華やかさ。動くぬいぐるみの家や、巨大なクリスマスツリーにクリスマスピラミッド、ドイツのクリスマスマーケットの屋台を模した陳列台などが彩る空間は、おとぎの国のクリスマスそのものです。

クリスマスツリーのオーナメントや人形、クリスマスピラミッドなどのデコレーションアイテムはもちろんのこと、キャンドルやクッションカバー、ペーパーナプキンといったインテリア用品にいたるまで、クリスマス用品なら何でも揃う店内は圧巻

ローテンブルクの風景が描かれたクリスマスオーナメントなどのオリジナル商品に加え、鳩時計、ぬいぐるみ、お菓子などドイツの一般的なお土産も揃っています。

「Käthe Wohlfahrt Weihnachtsdorf」
Herrngasse 1, 91541 Rothenburg o.d.T.
公式サイト:http://www.wohlfahrt.jp/

テディランド

巨大なテディベアが目印の「テディランド(Teddyland)」は、ドイツ最大級のテディベア専門店

「テディランド」の名の通り、店内にはテディベアやテディベアをあしらった雑貨が目白押しで、さまざまな会社から取り寄せた5000ものテディベアを取り扱っているとか。メルヘンなローテンブルクの町にはぴったりの、テディベア好きにはたまらない空間です。

人気なのは、なんといってもドイツを代表するテディベアメーカー「シュタイフ(Steiff)」社のもの。「テディランド」の刺繍が入ったここでしか買えないシュタイフベアもあり、ファンならずとも要チェックです。

「Teddyland」
住所:Herrngasse 10, 91541 Rothenburg o.d.T.
公式サイト:http://www.teddyland.de/

アレックス・アレグラ ショコラーデ

独創的なアイデアでオリジナルチョコレートを生み出すショコラティエ、アレックス氏のお店が「アレックス・アレグラ ショコラーデ(Alex allegra Schokolade)」

ドイツ国内とスイスで修業を積んだアレックス氏は、2015年、ローテンブルクに自らのチョコレート専門店をオープンしました。

店内に並ぶチョコレートのほとんどが、アレックス氏が手作りしたオリジナル商品。ほかのお店では出会えないユニークなチョコレートの数々に出会えます。

特におすすめなのが、ローカルビールを使ったビールチョコレート「Bier Schokolade」。ビールとチョコレート、これが驚くほど合うんです。

一見何の変哲もない板チョコの中にはビール風味のガナッシュが。確かにビールの風味があるものの、クセは少ないのでビールが苦手という人もぜひ一度は試してみてほしい一品。

ほかに、メッセージが描かれた板チョコや、ローテンブルクの風景が描かれたミニサイズの板チョコの詰め合わせもあり、ローテンブルクならではのチョコレートの数々が購入できます。

事前に注文すれば、チョコレートにオリジナルの文言を書いてもらうことも可能です。(日本語のメッセージも可)

「Alex allegra Schokolade」
住所:Georgengasse 9, 91541 Rothenburg o.d.T.
公式サイト:https://www.allegra-schokolade.de/

グロッケ・ワインラーデン

あまり知られていませんが、ローテンブルク周辺はワインの産地。ローテンブルクの周囲に広がるタウバー渓谷は、10世紀からブドウが栽培されてきたという古い歴史をもつワイン産地です。

そんなブドウから作られるのは、バイエルン州北部の名産フランケンワイン。「ドイツで最も男性的」とも評されるフランケンワインは、その特徴的なキリリとしたのどこしから、世界各地に熱心なファンがいるほどです。

プレーンラインの近くに店を構えるフランケンワイン専門店「グロッケ・ワインラーデン(Glocke Weinladen)」には、自家所有の地下蔵で作ったワインやワインを使ったジェムなど、ローカルワインやワイン製品が所狭しと並んでいます

フランケンワインは、「ボックスボイテル」と呼ばれる独特のぼってりとした形の瓶に入っているのが特徴。グロッケ・ワインラーデンでは、ラベルにローテンブルクの町並みが描かれたワインも手に入ります

隣にはホテルとレストランも併設されており、自家製ワインに合うおいしい郷土料理がいただけると評判。

「Glocke Weinladen」
住所:Untere Schmiedgasse 27, 91541 Rothenburg o.d.T.
公式サイト:https://www.glocke-rothenburg.de/en/

レーベ・ゲズント・ラーデン

オーガニック加工食品の専門店、「レーベ・ゲズント・ラーデン(Lebe Gesund-Laden)」

ここの名物が、ローテンブルクの近郊で採れたリンゴを使ったアップルチップスです。無農薬のアップルチップスは、加糖なしでもリンゴ本来の甘みだけで驚くほど甘く、フルーティー。

最も小さいサイズは120グラム(4.5ユーロ)ですが、それでも一袋に7個ものリンゴが使われているといいます。ヘルシーでおいしいアップルチップスは、一度食べるとクセになること間違いなし。

「Lebe Gesund-Laden」
住所:Untere Schmiedgasse 17,91541 Rothenburg o.d.T.

ライク・リヒトホイザー

ローテンブルクらしいメルヘンチックな工芸品をお探しなら、「リヒトホイザー(Leyk Lichthäuser )」へ

すべて手作業で制作されたライトハウスの専門店で、地元の人が、ローテンブルクのおすすめ土産店として真っ先に挙げるお店のひとつです。

コンパクトな店内には、バイエルン州やローテンブルクの建物をかたどったライトハウスがぎっしり。陶器のライトハウスの中でキャンドルを灯せば、オレンジの光がミニチュアのお家を照らし出し、なんともロマンティックです。

ベーカリーの建物にはプレッツェルのマークが描かれているなど、細かなところまで精巧に作られているのがまた憎いんです。お店に足を踏み入れたら、知らなかったライトハウスの世界にすっかり魅了されてしまうかも。

ローテンブルクの郊外には、製作過程を見学できる工房もあります。

「Leyk Lichthäuser」
住所(お店):Untere Schmiedgasse 6, 91541 Rothenburg o.d.T.
住所(工房):Erlbacher Straße 108 Gewerbegebiet Süd
公式サイト:http://www.leyk-shop.com/index.php?page=index

フレンキッシェ・テプファークンスト

「フレンキッシェ・テプファークンスト(Fränkische Töpferkunst)」は、陶芸家フリッツ・エーラー氏の工房兼ショップ

17世紀から伝わるこの地方の伝統的な模様を取り入れた手作り陶器の専門店で、フリッツ・エーラー氏の曽祖父の時代から営んでいるという老舗です。

ひとつひとつ手作業で作られた陶器には、どこか懐かしいあたたかみが漂い、見ているだけでほっこり癒されます。

伝統的な模様をモダンにアレンジした軽やかな色使いの商品もあり、眺めているだけでも楽しい空間。さほどかさばらないマグカップやミルクピッチャーなどを、旅の思い出として連れて帰ってはいかがでしょう。

「Fränkische Töpferkunst」
住所::Wenggasse 47, 91541 Rothenburg o.d.T.

伝統菓子・シュネーバル

ローテンブルク名物が、伝統菓子の「シュネーバル」。「雪玉」という意味をもつこのお菓子は、ひも状の薄い生地をボールのように丸めて油で揚げた、パイとクッキーの中間のような食感のお菓子です。

もともとは、300~400年前から結婚式など特別な機会に食べられていたお菓子でしたが、今ではローテンブルクのあちこちにあるコンディトライ(スイーツショップ)やベーカリー、専門店などで買えるようになっています。

6週間ほど日持ちするシュネーバルは、お土産として持って帰ることも可能。ただし割れやすいので、お土産にするなら袋入りではなく箱入りの購入をおすすめします。

数あるお店のなかでも、特におすすめなのが今もシュネーバルを手作りしているコンディトライ&カフェ「Walter Friedel」と家族経営のベーカリー「Striffler」のもの。本物のシュネーバルは、軽くサクサクです。

「Walter Friedel」
住所:Markt 8, 91541 Rothenburg o.d.T.
公式サイト:https://www.original-rothenburger-schneeballen.de/

 

「Bäckerei Striffler」
住所:Untere Schmiedgasse 1, 91541 Rothenburg o.d.T.
公式サイト:https://www.original-rothenburger-schneeballen.de/

おわりに

この町ならではのさまざまな個性あふれるお土産がいっぱいのローテンブルク。あなたの行きたいお店は見つかりましたか?

ぜひ、ローテンブルクならではのお土産を、楽しい旅の思い出とともに持ち帰ってください。

中世のおとぎの国、ローテンブルクの観光スポットTOP13

協力:ドイツ観光局
Special thanks to the city of Rothenburg ob der Tauber